レーザーは保険が使えないので気を付けて下さい

サイトメニュー

費用について

看護師

保険を使うことができます

医療機関でほくろの治療をする場合、一定の要件を満たせば保険が適用されるので、経済的負担が軽くなります。健康保険が適用される医療機関で施術を受けることや保険適用の必要性があること、そして保険が適用される施術方法であることが要件です。保険される医療機関は、皮膚科であればまず適用されるので、特にこの点については気にすることはないでしょう。必要性は健康的な面で考えて除去する必要性が高い場合、つまり、皮膚がんであるメラノーマであるときやその他医師が除去の必要性があると判断したときです。治療方法も限定され、メス切除縫合やくりぬきそして電気メスや高周波メス切除から、患者は選ぶことになります。費用の方は、ほくろの大きさや根の深さ、そして手術した医療機関などにより異なりますが、保険が適用されれば1か所あたり8,000から15,000円程度で済ますことも可能です。手術にかかる時間は一概には言うことはできませんが、30分程度で終わらせることもでき、入院する必要もありません。

ほくろを除去する方法として先に言った方法以外にも、CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)を使う方法もあります。CO2レーザーを使ってほくろを除去する場合、保険が適用されることもありますが基本的に保険適用外になります。つまり、保険の給付を受けた場合、患者はレーザー治療を選択できなくなる可能性があることがデメリットです。保険が適用されるかは医師の判断によるとされるので、気になる人は最寄りの医療機関で保険が適用されるか相談してみるのもいいでしょう。レーザー治療にかかる費用は一概には言えませんが、保険適用無しの場合10,000円から20,000円程度になるでしょう。ただ、レーザー治療でも保険を適用されない場合でも、おおよそ直径が3ミリまでで平らなほくろなら、保険が適用される他の方法より安く済むときがあります。レーザー治療の特徴は、傷が残りにくく綺麗にほくろを除去できることで、保険適用外だとしても選ぶ人が少なくないです。色素が深い場合、一度でほくろを無くそうとすると肌にへこみができてしまう可能性があるので、複数回に分けて治療が行われることがあります。

Copyright© 2019 レーザーは保険が使えないので気を付けて下さい All Rights Reserved.